www.christianeckels.com

-

-

予想外に突然出会うのが事故です。ここでどんな対処したかが要因となり自動車保険料の支払額も全く違ってくる時もありますので正しい考えと対処が重要です。予想外のケースで平静さを失ってしまえば大切な工程を忘れてしまいその先己が大損をする状況もあるので交通事故に遭遇してしまった時には正確に以下に述べる処理を行いましょう。自動車事故の遭遇した状況で第一にする事は負傷者がいるかどうかの確認です。乗用車の事故の後すぐは頭の中が真白になって呆然としてしまう場面がありすぐには対応できないのが現実です。その場面では、負傷者がいたならば危なくないところに運んでから応急な手当を施し周囲の人に助けを呼ぶなどして救助第一に努める必要があります。救急車に連絡する場合ははっきりと事故現場を知らせて不確かな場合は付近の有名なデパートや交差点を知らせその位置が分かってもらえるようにします。その後警察へ連絡して、自動車の事故が起こった事また様子を告げます。救急車と警察が来るのを待つ間に事故の相手の内容を確かめます。名前、住んでいるところ、TEL番相手の自動車保険会社名というお互いの情報を伝えます。特に事故の相手に非がある場合は現場でやり取りしようとする場面がありますが現場でうやむやにするのではなく、どういう時にかかわらず警察や保険屋さんに報告して平等に調査してもらう事が必要です。それぞれの情報を言ったら他の車の妨害にならないように妨げになる物路上から取り除きます。万一障害になる物が他の邪魔になっている場合には、お互いの情報の交換をするより優先してその作業を終わらせてしまっても問題はないです。そして自身が車の保険会社に連絡して、車での事故があった旨を知らせます。事故から一定期間内で保険会社に電話しておかないと自動車での事故の保険の適用されないことも想定されますので可能な限り速やかに電話を入れることが大切です。出来たら事故現場の跡として、携帯などを用いて事故や自動車の壊れた箇所を見ることができる写真を写します。この証拠写真は過失割合を決定する重要な証拠となりますので自身の自動車や相手方の愛車の故障個所を全て手がかりとして残しておきましょう。この状況で近くに人がいたとしたら警官や保険屋さんの人が来るまで現場にいてもらうように呼びかけることも必要です。

Copyright © 2000 www.christianeckels.com All Rights Reserved.