www.christianeckels.com

-

-

予測せず思いがけず起こってしまうのが車の事故です。その状況でどのように判断する結果がポイントとなり自動車保険料の受け取り額も相当大きく違ってくる状況も想定されますので適切な決断と行動力が必要です。予期せぬ場面に出会って気が動転してしまったならば必要不可欠な対応を逃してしまい、その先自らがかなりの損を被る場合も予測できるので自動車事故を起こした時には適切に次の作業を行います。事故を起こした場面で一番にするべきは負傷した方の状況の確認です。交通事故のすぐ後は動揺して虚脱状態になってしまう状況があり直ちに動けないのが普通です。その状況では、負傷者がいたら危険ではない地点へ動いて応急な手当を行って周りに助けを呼ぶなど負傷者第一に努めることが重要です。119番に連絡する状況では的確な場所を告げて、不明確な場合には近くの目に留まった学校や交差点名を知らせて事故が発生した位置が分かってもらえるようにします。その後110番に知らせ、交通事故が起きた事さらに現在の状況を話します。救急車と警察の到着を待っている間に負傷者の事を確認します。名前、住んでいるところ、連絡先、免許事故の相手側の自動車保険の会社名と言った各々の身元をやり取りします。事故相手に違反が存在する状況では、事故現場でやりくりしようとする場合がよくありますが現場でうやむやにするのではなく、どういった状況だったにせよ警察署や車の保険会社知らせて、正しく判断してもらう事が大切です。各々の内容を言ったら他の交通の妨げにならないように妨げになる物道路の上から除去します。もし障害になる物が邪魔になっている時には、互いの情報の交換をするより早くこれを行ってしまっても大丈夫です。自分が加盟している自動車保険の会社に電話をして事故が起こった事を電話します。事故から一定の時間内に自動車保険の会社に報告していないと、交通事故の保険の適用されない事態も想定されますのでできるだけ遅れることなく電話を入れることが大事です。交通事故の証拠として手持ちのカメラやタブレット等を用いて事故現場や事故車の破損箇所が分かる写真をを撮影しておきます。その証拠写真は落ち度の割合決める時に重要な証明となるので自分の車や相手方のクルマの破損を的確に証拠として残しておくことが大事です。その際に目撃した人がいたとしたら警察の方や保険屋さん来るまで一緒に待っていて頂けるように依頼するのも重要です。

Copyright © 2000 www.christianeckels.com All Rights Reserved.